1. トップページ
  2. 目の下のシワがない人は乾燥知らず?

目の下のシワがない人は乾燥知らず?

【目元の若さレベル】クマとシワがほぼし・30代前半に見られる

38歳

普段、目の下の乾燥やかゆみを帯びる事はありません。以前は毎日マスカラをしていたので、冬になると目の乾燥がひどく、こすってしまうこともしばしばありました。しかし、目の周りをマッサージし保湿を欠かさないことと、また運動をするなど血流を良くすることで、目だけでなく顔全体の乾燥がかなり収まったように思えます。

【目元の若さレベル】実年齢に見えないと言われる・友達にも目元やほうれい線、シワがないと言われる

60歳

普段に乾燥や痒みはありません。普段と違うものをつけることがあって、それが合わない場合には目の周りが腫れて痛くなります。敏感肌は35歳くらいからで、目の周りは50歳くらいからさらに敏感になりました。目の下が乾燥すると感じたことがありませんが、鏡で見た目がシワっぽく感じるとクリームとスチーマーを使います。

【目元の若さレベル】笑ってもあまりシワが出ない

40代

以前から乾燥肌なので、クレンジング&洗顔をキッチリしてから化粧水と保湿を欠かしません。目の下は疲れが出やすい部分で、疲労が溜まってくるとクマができてまばたきも重くなってきます。常にあるシワではないのですが、疲れると目頭から下に線が入ったようになるので気をつけています。

【目元の若さレベル】5歳くらい下の子と同じくらい

30代

30代になってから、目の周りのかゆみは頻繁に起こります。また、目の下の乾燥は、ケアを怠るとすぐにひどくなるため、潤いを保たせる努力が必要です。赤みがでたり、痒くなったりはしますが、絶対に触れないようにしています。

【目元の若さレベル】20代と変化がなく、シワはない

38歳

少し乾燥肌なので、昔は目がかゆくて頻繁にかいてしまっていましたが、24歳頃にコンタクトをし始めてからは目の周りはいじってはいけないと意識しました。触らなくなったせいか、かゆみも治まり、コンタクトをしていない時にも、目の周りをかく習慣がなくなりました。

【目元の若さレベル】目の下をケアする美容液やコンシーラーが必要になったことがない

38歳

冬場の空気が乾燥するときに目の下も少し乾燥する。かゆくなることはない。

【目元の若さレベル】複数の友人に深いシワがあるが自分にはない

40代

普段から目の下が乾燥したり痒くなったりはありませんが肌の体質的には敏感肌で目の下がカサカサするというのは今までありません。肌質は10代のころから敏感肌でした。

【目元の若さレベル】目の下の縮れジワや目じりのシワはなく、悩んだこともない。

32歳

今まで目のまわりで肌トラブルは起こったことがありません。かさつくこともなく、皮膚が痒くなったこともありません。頬などのほかの場所が荒れたことはありましたが、不思議と目元は潤っており、ガサガサになったことはありません。

【目元の若さレベル】30代なみにシワがない

40代

目の下は、乾燥して痒くなることもあります。もともと敏感肌で乾燥肌なので、冬のような乾燥時期はよくなります。目をこすると赤くなりやすいので、あまり普段から触らないようにしてます肌に刺激をしないケアをするようになってからかなり改善されましたが、でも時々あります。

【目元の若さレベル】友人は目尻に細かいちりめんジワがある人が多いですが私はない

50代

目の下が痒くなることは時々あります。ほぼそれは花粉症シーズンの時だと思います。この時期になるとまぶたの際が、痒くなるので知らないうちにこすったりしているのだと思います。そうなると目の下がガサガサと乾燥してきて赤みを帯びてしまうこともあります。この肌質は30代になってから始まったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加