1. トップページ
  2. どこまで紫外線ケアすれば目の下にシワができないのか?

どこまで紫外線ケアすれば目の下にシワができないのか?

【目元の若さレベル】クマとシワがほぼし・30代前半に見られる

38歳

紫外線対策は10代後半から行っています。高校時代に所属していたテニス部顧問の先生が、「おまえら日焼け止めをしていないと、30代になったらシミだらけの顔になるぞ〜」と言われた言葉がとても印象的だったからです。20代後半になると帽子と日除けの手袋は外出の際にはするようにしていました。今では運転中はサングラス、日除け手袋。外出時は帽子、手袋、マスク、そして日焼け止めは冬でも必ず。す帽子はつばの広いものを使用しています。

【目元の若さレベル】実年齢に見えないと言われる・友達にも目元やほうれい線、シワがないと言われる

60歳

35歳くらいから紫外線、化粧品の刺激に弱くなり肌トラブルになるので気をつけるようになった。低刺激のものをつけ、帽子サンブラス手袋を必ずつけるなどしなければ、すぐにその結果が肌に出るので逆に対策がわかりやすかったと思います。

【目元の若さレベル】笑ってもあまりシワが出ない

40代

紫外線対策は特に目の周りだけを意識している訳ではなく、いつも顔から首にかけてしています。(化粧下地としてUVジェルを使用)夏場は日傘をさしたり、子供の運動会等ではいつもより厚めにUVを塗っていました。

【目元の若さレベル】5歳くらい下の子と同じくらい

30代

紫外線対策は、10代の頃から行っています。目が大きい方なので、目の下のシワには十分に気をつけています。毎日、日焼け止めを塗るのはもちろん、UVカットのメガネをかけたり、日差しを避けるようにしています。

【目元の若さレベル】20代と変化がなく、シワはない

38歳

日中はオフィスにいるので紫外線を浴びることは少ないです、お昼の外出の時は必ず日傘をさしています。その日傘もかわいさよりも機能を重視して裏地がコーティングされているものを使用しています。また、休日で眩しいと感じる日はサングラスを欠かしません。

【目元の若さレベル】目の下をケアする美容液やコンシーラーが必要になったことがない

38歳

目の周りの皮膚は薄いと聞いたので、日焼け止めを丁寧に塗るようにしている。塗る際には、目の周りの皮膚をこすりすぎないように、やさしく塗布するようにしている。また、その日焼け止めを落とす際にも、こすりすぎて皮膚を傷めないように、日焼け止めは石鹸で落とせるタイプを選び、落とす際にはそっとやさしくなでて落とすようにしている。紫外線が強い日には必ずサングラスをかけている。

【目元の若さレベル】複数の友人に深いシワがあるが自分にはない

40代

紫外線対策としては年間を通して日焼け止めを使用しています。肌が弱いのもあり日焼け止めは赤ちゃんでも使えるタイプのものを使用しています。車を日中運転する時にはサングラスをすることが多いですが絶対外せないアイテムというほどではありません。特に紫外線が多い日には必ずつばが広めの帽子はかぶります。

【目元の若さレベル】目の下の縮れジワや目じりのシワはなく、悩んだこともない。

32歳

10代の頃から部活も運動部でしたが室内で行うスポーツだったので、直射日光を浴びる機会が同世代のほかの運動部だった友人に比べて少なかったです。20代になってからも、ちょっとした外出にもUV効果のある下地をつけて歩くようにしていました。

【目元の若さレベル】30代なみにシワがない

40代

私は40代の主婦です。子育てしてます。幼稚園児がいるので毎日、外へいきます。紫外線は人並みに浴びていると思います。ただ、目が紫外線に弱いので基本的にサングラスもしくはUVカットのメガネをかけています。これは目の保護と同時にちょっとおしゃれも楽しんでいます。メガネをかけての外出はもう10年くらいになります。あとBBクリームを塗っているののですが、1日に何回か塗り直します。紫外線対策はそのくらいです。

【目元の若さレベル】友人は目尻に細かいちりめんジワがある人が多いですが私はない

50代

目の周りの皮膚というのはことさら薄い皮膚なので紫外線対策をしっかりしてきました。外出の際は必ず日焼け止めクリームをしっかり塗り、その上から帽子を目深にかぶって紫外線が当たらないように気をつけていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加