1. トップページ
  2. 目の下のシワが少ない人はアイメイクが薄い?

目の下のシワが少ない人はアイメイクが薄い?

【目元の若さレベル】クマとシワがほぼし・30代前半に見られる

38歳

アイメイクはTPOに寄りバッチリであったり、ナチュラルにしたり…などです。普段は軽めのアイメイクでマスカラは使用しません。一時血流の悪さからかまつげの量がかなり減ってしまい、目の印象が薄くなってしまい、とても嫌だったので、その頃から洗顔後には目の周りをクリームを使いマッサージしています。瞼に潤いが戻り、まつげの量も少し回復したように思えます。

【目元の若さレベル】実年齢に見えないと言われる・友達にも目元やほうれい線、シワがないと言われる

60歳

目の周りは特に敏感なのでメイクは薄いです。目をこすること、濃いメイクは目の中も痛くなります。つけまつげはとても試す気持ちになれません。マッサージは目が疲れている時やクマが気になる時にだけ美容ローラーを目の下に軽くしています。スチーマーを三日に一度くらい顔全体に使います。

【目元の若さレベル】笑ってもあまりシワが出ない

40代

アイメイクはいつも軽めで、普段は(仕事でも)ファンデーションだけで済ませてしまうこともあります。アイメイクをする時は、マスカラとアイシャドーを少しするくらい。目自体が大きめなのでアイメイクをバッチリしてしまうと浮いてしまうので。

【目元の若さレベル】5歳くらい下の子と同じくらい

30代

アイメイクはあまりしません。メイクの時でも目の周りに負担をかけたくないからです。その代わり、マスカラはつけて、オフするときも目の周りのこするようなことは絶対にしません。お湯でオフできるものを使用し、アイメイクをあまりしない事で、メイク落としの負担を減らしています。

【目元の若さレベル】20代と変化がなく、シワはない

38歳

普段のアイメイクは、アイラインのみをしています。お客様と会う際などにはマスカラとアイシャドウをしますが頻繁ではありません。もともと目が大きい方なので余り協調したメイクはしないようにしています。また、コンタクトなので目をこすったりはほとんどしません。

【目元の若さレベル】目の下をケアする美容液やコンシーラーが必要になったことがない

38歳

目の周りの皮膚を傷めないように軽めにしている。マスカラを選ぶ際にはお湯で簡単にかつきれいに落とせるものを選んでいる。お湯で落ちるタイプのマスカラでも、目の下にうっすら黒く残るものがあるので、選ぶときには注意が必要。お湯をかけて、マスカラをつまむとするりと簡単に落ちるマスカラを選んでいる。

【目元の若さレベル】複数の友人に深いシワがあるが自分にはない

40代

アイメイクは外出する時以外はしません。外出があるときには薄くはしますが時には濃いめのアイメイクをする時もあります。濃いめの時もつけまつ毛は使用しません。目の下に触れる機会ですが目を酷使した日などは温めながら軽くマッサージしますが頻繁にはありません。

【目元の若さレベル】目の下の縮れジワや目じりのシワはなく、悩んだこともない。

32歳

普段のアイメイクは軽めにしているつもりです。全体を化粧下地とルーセントパウダーでテカり防止をして、アイラインをする程度にしています。また、夜寝る前のケアとして2日に1回は蒸しタオルで目元を温めて、顔全体をクリームでゆっくりマッサージしています。たまに目元にアイクリームを塗っています。

【目元の若さレベル】30代なみにシワがない

40代

アイメイクは、目の周りをラインで描いて、マスカラをつけます。アイシャドウもつけます。わりとちゃんとする方です。時々、目をこすってしまってパンダ目になることがあります。今使っているマスカラはウォータープルーフのタイプで、意外と目の周りが黒くなりません。

【目元の若さレベル】友人は目尻に細かいちりめんジワがある人が多いですが私はない

50代

アイメイクは、あまり濃くやっていません。軽めで簡単に薄くシャドーをつけるぐらいに止めています。あまりアイメイクをバッチリするのは好きではないので興味もありません。また目の下に触れる機会というのもほとんどありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加